新入社員インタビュー

建築工事部工事課 金原圭佑

現場での一日

私の主な業務は安全日誌等の作成や現場巡回管理などがメインです。 現場での一日の流れは朝8時から朝礼が始まります。朝礼が終わり次第各自の業務が始まります。朝礼が終わった後に打合せ(搬入等の確認)を行ったりします。打合せ後は現場巡回を行います。12時からの昼休みが終わると午後は職長さん達との昼礼から始まります。主な内容は午後の作業の確認、明日以降の段取りです。打合せや手配の終了後、午前中同様現場巡回に戻ります。 17時に現場を閉めて、職人さん達が帰宅したのを確認して私も事務所に戻り、事務業務を行います。

■古久根建設株式会社に入社しようと思った理由

入社しようと思ったきっかけが大学三年生の時に参加した古久根建設のインターンシップでした。その時感じた職場の雰囲気が志望しようと思ったきっかけでした。 最初は職人さん達に対して怖いイメージを持っていましたが、実際に同じ環境の中で業務をしていると、気さくな方も多く、最初に抱えていたイメージとは正反対でした。 又、建物が出来ていく過程の中で普段表からでは見えない部分も施工管理職なら見ることができるのでそういった部分も面白く施工管理職を志望しました。

■施工管理職の魅力・やりがい

施工管理職の主な業務の大半は「人と話す・コミュニケーションを取る」というのが前提にあります。なのでただ指示を出すだけでなく、コミュニケーションを取り、お互いに冗談を言い合ったりすることで、ただ黙々と業務をこなすのではなく、お互いにリラックスし気持良く業務に取り組めると思います。人と会話を増やすことで事故の防止にも繋がります。そういった面で「人と話す」ことで、より良い仕事につながる事も施工管理職の大きな魅力だと思います。